中国人と結婚して良かった点と悪かった点・・・嫁にこのブログがばれたらやばいかも。

中国人

実際に中国人と結婚し、3年と4ヶ月経過している わちゃトモ(@wachawachatomo)です。こんにちは!

 

出会ってつきあい始めて5年以上たちますが。まずは、結婚してよかったなーと思う点をあげます。ちなみにわたしの嫁限定な部分もあると思います。あくまでも、わたしが実際に感じた点なので、それ違くね?とか、批判はご勘弁を。

 

スポンサーリンク

中国人と結婚してよかった点

 

  1. 家族をとてもというより凄く大事にする
  2. 自己主張がしっかりしてる
  3. ポジティブシンキング

 

1:家族を凄く大事にする

嫁さんの家族は当然なんですけど、わたしの両親も本当に大事にしてくれます。日本の嫁・姑問題ってかなり根が深そうですけど、わたしの嫁はとても仲良しで、お互いに言いたいことを言い合ってます!どちらかというと、嫁のほうが強いかな・・・

2:自己主張

いい意味でも悪い意味でも、ちゃんと自分の意志を持って行動している点です。中国人は日本人よりも自己主張が強いですね。自分の考え方がない、何を考えてるか分からない人より、ずっといいと思います。

3:ポジティブシンキング

これは素晴らしいです。中国って国は、日本じゃありえないことが普通に起こります。わたしも数え切れないくらいトラブルがありました。

 

一つだけご紹介。上海に住んでいる時、マンション近くの中華系串焼きのお店があったんです。何度もご飯を食べにいってたんです。ある日、公安(日本なら警察)の方やら衛生局やら人が大勢の人だかり。

 

話を聞いてみると、その串焼き屋で使っていた肉が「ねずみの肉」だったようで・・・人生で初ですよ。ねずみの肉食べたの。その話を嫁にしたら、「大丈夫よ!お腹の調子悪くなってないでしょ?」って、おいおいそっちの発想?

 

あたまのビス大丈夫?ってその時は思いましたが、今思い返せば、思いやりで言ってくれたんじゃないか?と自分に言い聞かせてます!

 

何が起きても、必ずプラスのことしか考えてないですね。わたしの嫁は。失敗したらどうしよう?とか悪いイメージを考えているのを見たことがないです。

 

 

中国人と結婚して悪かった点

この話、本当にしちゃって大丈夫なんだろうか・・・
まあ、中国人といっても、いろんな人がいますから。

 

あくまで、そんな人が多い程度に思ってください。繰り返しますが、わたしの嫁限定かもしれませんので、ご勘弁を!(笑)

 

  1. いい意味で節約上手、悪く言うとケチ
  2. 電話してる時の声がでかい(興奮時)
  3. ゴミ箱は一つでよい。(ビン・カンごちゃ混ぜ)

 

1:ケチ

節約上手貯金も上手なんですけど(フォロー笑)、変なところですげーケチ。でも使うときは豪快!この変なところのケチは、いつだったか忘れちゃいましたけど、駒沢公園でポテチとドッグランに行った時に、広場でイベントが開催されてた話です。

 

帰り際に寄って行こうよ!ってことになり、見に行ったんです。小腹も空いてるから、何を食べるか見てたんですけど、値段を見た瞬間、嫁がいきなり「高すぎ!帰るゾ!」って。

 

へ???イベント値段だからしかたないじゃん!って話をしたんですけど、問答無用!

 

わたしの嫁は、日本の屋台がありえないぐらい高い!そして、美味しくない!そんなの買うぐらいなら、家で料理したほうが美味しいじゃん。

 

そりゃ当たり前ですけど、嫁の脳の中では、屋台イコール安いという概念が定着してしまいまして・・・あれ以来、わたしも屋台で食べるのはダメ。禁止令発動!そんなバナナ。

 

まあ、気持ちは多少分かります。中国にも屋台がいっぱいありまして、それこそ串焼き(わたしは二度と食べない)チャーハン・やきそばなどがあり、値段がめっちゃ安いんです。

 

今の値段は分かりませんが、2012年の時は、串焼き1本1元〜5件(15円位)チャーハン・焼きそば10元(150円位)なんですよ。

 

そりゃ、物価が違うんだから値段も違うでしょ!って説明しても馬の耳に念仏状態。そなのに、中国にあるスタバのカフェラテに25元(375円位)を平気で、コプコプ飲んどるし。もーよく分かりません!(笑)

 

やばいな。良い点よりも文章が長くなってるような気もするが。

2:電話してる時の声がでかい!

電話してて興奮すると大声になるですが、これは文章のまんま。これも馬の耳に念仏状態。お客様!声のトーンを落としてください!なんてレベルじゃない。

 

うるさいってレベル!最初の頃はよく喧嘩した記憶があります。さすがに、人前で守るようになっただけマシかな。家の中でもやってくれると非常に嬉しいんだけどね。

3:ゴミ箱は一つでよい

これもそのまんまです。これも仕方ないか。中国だと缶でも瓶でも同じゴミ袋なんです。今は多少良くなっているかもしれません。

 

わたしが住んでいた2012年頃は、普通にごちゃ混ぜで捨ててました。それと、日本なら粗大ゴミレベルとかも無料だし、金属とかだったら、お金も貰えちゃう。

 

日本では、かなり細かく分類しないといけないので、苦労したそうです。

 

来日して、3日後だったかな。がっつりゴミ袋3袋分、わたしの家のゴミ袋だけ、べたべたシールを貼られて置き去りにされたのもいい思い出です。

 

以上です。今でも、喧嘩することはたま〜にありますが、仲良く生活してます。けっこう、つっこみどころが満載ですけどね。こうやって昔を振り返ると、中国での生活もすごかったな。では、またー

タイトルとURLをコピーしました